観光地としてのキューバの魅力


1
画像参照:Bud Ellison

キューバ共和国はカリブ海にある大アンティル諸島に位置する国です。かの有名なコロンブスがキューバを発見した際には「地球上で最も美しい島」と言葉を残したほど色彩の美しい景色が広がる。キューバは世界最大の葉巻大国としても有名で、あらゆる種類の葉巻がキューバ国内に流通しています。そして国民のほとんどが葉巻を常用し、タバコ以上に需要がある状態が続いています。近年では野球大国としての一面も見せており、日本やアメリカと肩を並べる強さを誇る国となっています。町並みがとても美しく、毎年多くの観光客がキューバへと旅行へ行きます。日本からも多くの旅行客が訪れており、キューバの世界遺産や自然遺産などが人気を呼んでいます。観光地としても有名で、町並み以外にも見所が多く、町を走る車のほとんどがクラシックカーという特殊な光景を見ることができました。その理由は1959年に行われた革命以前の車しか売買できず、国内に流通している車の多くが古い物しかなかったからです。現在でも多くのクラシックカーが現役で走っていますが、2011年に車の売買可能となったため現在では他国の新車も国内を走るようになりました。
観光地としてはカリブ海に位置する国であることからマリンスポーツが盛んに行われており、様々な大会やイベントがキューバで催されています。マリンスポーツを目当てに来る人も多く、初心者からベテランまでキューバの美しい海を堪能することができます。キューバ共和国にある美しい町並みとカリブ海は今後も多くの旅行客の目を楽しませてくれます。